気まぐれ iPhone FAN Blog
勝手気ままにiPhoneアプリや周辺機器の紹介、iPhoneに関するNEWSなどを滅多斬る非公式ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衝撃!!!ウィルコムからiPhoneが発売開始
衝撃のニュースが飛び込んできました。

まさかのウィルコムから、iPhoneが本日3月7日、取り扱い開始です。

ウィルコムがiPhoneの取り扱い開始


しかも、機種はiPhone4S。
しかも、16GBモデルのみ。

今更感全開ですが、他社からMNPで乗り換えると、ソフトバンクが提供する乗り換え割りでパケット定額料が2年間の間、月々3380円になるプランも用意されています。

以下ウィルコム公式サイトから抜粋

ウィルコムユーザーなら、ソフトバンクのパケット定額料が特別プライスにウィルコムをご利用中で、かつ他社ケータイをご利用中の方が、他社ケータイを「iPhone 4S (16GB)」へMNPを利用してのりかえると、ソフトバンクモバイルが実施する「ソフトバンクセット割」の適用により、「パケットし放題フラット」の月額料金が2年間、3,380円/月に!!


PHS回線をiPhoneでも、といったところでしょうか。実際には4Sの在庫をウィルコムに回したのかな?

しかしiPhone人気に陰りが見えはじめたとはいえ、既存のiPhoneユーザーはAppStoreやiTunesの ”資産” があるので買い換える機種も次世代iPhoneの可能性が高く、これからもiPhoneのセールスは堅調であると思われます。

この流れを受けても、ドコモはやはりiPhoneを扱わないんでしょうね。

まぁ、ドコモでiPhoneを扱っても今更ですが……







スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

AppleのiWatchが年内発売!?
米Appleが開発中とされる腕時計型端末、iWatchの発売が現実味を帯びてきました。

iWatch
Appleのウェアラブル端末“iWatch”は年内発表か──Bloomberg報道


iWatchが一体どのような端末になるのかは未知数ですが、去年発売されたiPod nanoのさらに前世代であるiPod nano第6世代では、本体を腕時計化するためのバンドと時計アプリが提供されていたこともあって、おそらくそのアイディア(Android機種ではすでにソニーなどが発売)をさらに洗練化したものになると予想できます。

仮に発売されるとすれば、当然iOS搭載で、Bluetoothも搭載されると思われます。

Bluetoothが採用されれば、例えばiPhoneをカバンやポケットにしまっていても着信や通話ができるようになるでしょうし、iPhone本体に保存されている音楽の選曲やsiriなども使えるようになるかもしれません。

簡単なアプリ、例えば天気アプリやボイスレコーダーなんかも使えると便利ですね。


ただし、このiWatch、実際に使用用途として広く使われるかはわかりません。

というのも、すでに腕時計は実用用途よりもファッションアイテムとしての性格が強く、どういったシチュエーションで使われるのかが見えにくいからです。

まぁ、建築関係や運送業には一定の需要がありそうですし、デザインに関しては一流のアップル。ファッションアイテムとしてオシャレなデザインも考えているとは思います。

もし発売するなら、防水・防塵に加えて、何よりも腕時計として使いやすいものにしないと大ヒットは難しいように感じます。

昔から電卓付き時計やTV付き時計などが出ても話題性のみでしたから……


ジョブズが存命なら、この商品を許可したのかな?







テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

iPhone用2chアプリが無くなる!?
米アップルが、日本におけるiPhone用2chブラウザを禁止する方向で動いているようです。

iPhone用2chブラウザがApp Storeから消える?


App Storeで配信されている2chブラウザアプリ「GraffitiPot」の開発者に通達があったそうで、なんでもその理由は、ポルノ画像に容易にアクセスできたり、誹謗中傷が多いからなのだとか。

それを言ってしまえばiPhoneデフォルトのSafariやGoogle chromeなどの他のブラウザアプリにも同じことが言えるんですが………

ともかく、もしApp Storeから2ch専用ブラウザが消えてしまったら、日本ではAndroidに乗り換える人も多数出てくるものと思われます。

日本はアップルにとってもiPhone販売の一大市場であり、今のアップルの成長が鈍化しつつあることを考えると賢い判断とは言いがたいですね。


サポートが無くなる可能性があるのでiOSがバージョンアップしたら今の2chアプリは使えなくなる恐れがありますが、ともかく2chをiPhoneでやっている方は今のうちにすべての2chアプリをDLしておいた方がいいかもしれません。

っていうかアップル、「悪いことは言わない。やめておけ」、ですね^^

BB2C

2ちゃんねる for iPhone

2chまとめサイトビューア - MT2 FREE

GraffitiPot―2chブラウザ

神2chまとめリーダー 初号機

2chまとめビュワーPro+

2chまとめサイトリーダー HD

2chまとめのまとめリーダー

神2ちゃんねる

まとめる2ちゃんねる(2chまとめリーダー)

2chまとめチェッカー -2MC







テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

ケータイ販売ランキング、今後の情勢は!?
ここ最近忙しく、久々の更新になってしまいました。ご了承下さい。。。

先週の携帯販売ランキング(6月13日~6月19日)では、相変わらずiPhone 4が1、2とトップグループを独占しています。


iPhone人気変わらず――夏のAndroid端末第1陣の人気は一段落か?


NTT Docomoは、AQUOS PHONE SH-12Cの健闘とXperia arcの安定した販売数があるものの、以前としてiPhoneキラーになり得る機種がありません。

しかし6月以降には、KARAのCMでお馴染みのLG電子製Optimus bright L-07Cの販売開始に加え、Xperia arcの赤外線、ワンセグ、おサイフケータイ対応版であるXperia acroや、虎の子GALAXYシリーズの後継機GALAXY S IIも発売され、さらには先日、Xperiaシリーズ最新機種であるXperia rayも発表され、iPhone追撃網に全力を傾けるようです。もっとも、山田社長がドヤ顔でアピールしていたXiやテザリングサービスも、通信エリアや使用料金が高くて使いにくい面の方が目立っており、また初代Xperiaユーザーの切り捨て行為など各所に粗があり、相変わらずの殿様商売です。もっと帯を締めないと、いつまでも王者ではいられないでしょう。

一方のauは、ここ最近目立ったスマホがなく苦戦しているようですが、こちらでもau版Xperia acroの発売や、ソフトバンクでも採用しているテンキー操作型のスマートフォン、AQUOS PHONE IS11SHを発売し、夏モデル充実を図っています。

そしてソフトバンク陣営も、各社に負けず劣らずのスマートフォン機種を投入し、8月及び9月にはiPhone 5(iPhone 4S)が発表される公算が高いので、機種の充実度においてはドコモにも負けないほどではありますが、やはり一番の問題は電波。7月の地上アナログ放送終了に伴い、空いたプラチナバンドである700/900MHz帯を取得し、孫社長が堂々と宣言していた巨額の設備投資を実行する必要性があります。

ドコモもソフトバンクも問題を抱えていますが、特にauに関して言えばさらに問題は深刻かもしれません。

ドコモはXperia+GALAXYシリーズ、ソフトバンクはiPhone+HTCに力を入れているのに対し、これぞauとも言える柱となるシリーズ(メーカー)ラインナップがなく、どこか中途半端な気がします。現状、機種ではiPhoneやGALAXYシリーズに劣り、コンテンツではiTunesやiモードに劣り、電波ではドコモに迫るものの加入者には差があり、そして料金プランではソフトバンクに見劣りし………と、auの中途半端さはここ数年浮き彫りになっています。

スマホなら当たり前にできることをCMで、さもau独自機能!のようなユーザーをバカにした宣伝広告はやめて、しっかりとした販売戦略とブレない機種の充実を図らないと、ソフトバンクに抜かれるのもすぐそこかもしれません。



テーマ:携帯&モバイル関連ニュース - ジャンル:携帯電話・PHS

ソフトバンクグループ売上3兆円、設備投資1兆円!?
ソフトバンクグループの売上が、同社初の3兆円を達成したと発表がありました。


「目先の利益より、5~10年後の成長に向けた投資を」――売上3兆円突破のソフトバンク


売上3兆円といえば、3兆円を超える売り上げを達成している日本企業は30社程度。ソフトバンクは名実ともに超一流企業の仲間入りを果たしたことになります。

ソフトバンクのこの躍進は、やはりモバイル関連事業の大幅な収益増の恩恵の賜物。中でもスマートフォンの代名詞ともなったiPhoneの爆発的ヒットが売上向上に大きく貢献しているものと思われます。

そのiPhoneを販売しているApple社も、時価総額ではすでにマイクロソフト社を超え、メーカー別スマートフォンシェアでノキアに次ぐ2位に躍り出ています。ノキアの堕落ぶりを見るに、このまま1位になることも時間の問題かもしれません。昇り竜に付いたものも昇り竜、ということでしょうか。

またソフトバンクモバイルでは、2011年と2012年それぞれで5000億円、合わせて1兆円もの設備投資を行うとしており、孫社長は「繋がらないソフトバンクとは言わせない」と意気込んでいます。今回発表された経常利益が5000億円強だということを考えると、利益のほとんどを設備投資に回すという、思い切った戦略に出ました。

しかし、孫社長がここまで強気に設備投資を行うと発表したからには、やはりプラチナバンドである900Mhz帯(もしくは700Mhz)を獲得する確約がある程度取れたのではないか?と想像することができます。もしくは確約までとは言わなくでも、ただの希望的観測ではないと思われます。

もしもソフトバンクがプラチナバンドを獲得し、そして1兆円もの設備投資をした暁には、本当に「つながるソフトバンク」が実現するかもしれません。

今まで、ドコモでiPhoneは出ないのか、せめてauでいいから出ないのか、と思っていた方には、今後ソフトバンクが大きく電波改善をするかもしれない良いニュースですね。

孫社長の、ソフトバンクがNTTを超える!という目標も、そろそろ足元が見えてきたのかもしれません。そういえば、「光の道構想」はどうなったのでしょうかね?



テーマ:携帯&モバイル関連ニュース - ジャンル:携帯電話・PHS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。