FC2ブログ
気まぐれ iPhone FAN Blog
勝手気ままにiPhoneアプリや周辺機器の紹介、iPhoneに関するNEWSなどを滅多斬る非公式ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【独り言】韓国ウォン高の影響で日本企業にも光が?
去年の暮れ、自民党が解散総選挙で大勝し、株価の値上がりや円安の流れに一気に傾きました。

同時に、民主党は韓国のための政党だったのか?と思わせるくらい、ウォン高の流れにもなりました。

円安になることによって我々消費者には良くも悪くも、様々な影響があります。

元々、バブル時代には1$=300円台にまでなったこともあり、今現状を考えればまだまだ円安とは言えないとはいえ、アベノミクスの恩恵は確実にやってきています。

円安になることによって輸入企業や外食産業には痛手となるかもしれませんが、反面製造業や輸出産業にとっては良い流れとなります。

日本はすでに人口が減少し始めており、内需のこれ以上の拡大が見込めない中、輸出産業が力を取り戻すことは必須です。


日本における輸出産業の中心は、ご存知の通り自動車やエレクトロニクスです。

しかし昨今、日本企業は韓国のサムスンやLG、ヒュンダイにウォン安、円高を背景に苦戦を強いられていました。

ウォン高はその流れを是正し、日本が再度シェアを取り戻す絶好の機会です。


すでに自動車では日本企業が息を吹き返し始め、日本車復調の兆しが見えています。


そして、ソニーやシャープもこの流れに乗って攻勢をかけようとしているようです。


元々サムスンはフラッシュメモリで企業基盤を作り、さらにTVを扱うことによって知名度を上げました。当時はウォン安だったとはいえ、ほぼ赤字で安くTVを市場に流し入れ、その知名度を急激に上げていきました。

企業戦略も巧妙(姑息)で、海外のCMには富士山など日本を意識させるような内容で消費者の安心感を煽りました。

そのためか、アメリカでは今もサムスンを日本企業だと思っている人も多いようです。

虎の威を借る狐といいますか、実際韓国企業があそこまでの躍進を続けるにはその方法が最も効率的だったのでしょう。

そうやってサムスンの名をブランドイメージ化した後、今度はスマートフォン市場に参入してきます。

これこそがサムスンの本命で、ソニーですら遅れを取っていた有機ELディスプレイなどの新技術を惜しみなく出して攻勢をかけ、アップルですら脅かす(スマホ市場では)ほどに成長しました。


しかし現在のウォン高によって、韓国企業最大の利点であった安さは失われつつあり、また元々TV事業で肉を切らせて、スマホ事業で骨を絶つ戦略だったサムスンにとってはTV事業の更なる赤字、そしてスマホ事業の利益減少を引き起こしています。


このことから、未だに世界から信頼性の高い日本製品が切り込んでいく余地が生まれつつあります。

ソニーは新型機種のXperia Zに注力し、シャープもIGZO液晶を搭載した機種を次々投入予定です。


日本企業はこの流れを読み、良い製品をどんどん投入して国内だけでなく海外にも注力することが、栄光のMade in Japanを復活させる起爆剤になるのでは?と思います。







スポンサーサイト

テーマ:スマートフォン - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mikubeji.blog63.fc2.com/tb.php/151-796aa77d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。