気まぐれ iPhone FAN Blog
勝手気ままにiPhoneアプリや周辺機器の紹介、iPhoneに関するNEWSなどを滅多斬る非公式ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【独り言】廉価版iPhoneの予想スペック
前回、次世代iPhoneであるiPhone5Sのウワサまとめをしましたが、それに付随して同時にウワサされている廉価版のiPhone、iPhone mini(もしくはiPhone Air)のスペックについて独自に予想してみました。

ちなみに、iPhone miniの発売日は6月ごろとされていますが、そもそもiPhone5Sよりも情報が少なすぎる上に発売されるかすら怪しいものなので、ほぼ想像なのであしからず。


iPhone miniの最大の特徴は、ボディにプラスチックを採用することです。現行のiPhone5がアルミユニボディなのに対し、iPhone miniではプラスチックを採用してコストダウンを実現。逆にプラスチック採用が豊富なカラーバリエーション展開と、修理費用の抑制、さらに本体重量の軽減を実現させます。

廉価版ということで、後進国や新興国向けの機種なのでスペックはiPhone4S並みに抑えてありますが、価格はiPhone5に比べて200ドル近く安く設定されているのでライトユーザーにも最適なデバイスになっています。

しかし、廉価版とはいっても、Retinaディスプレイは搭載する見込みが高いです。iPad miniでもRetinaを採用しなかったがために不満が囁かれており、ローエンドモデルとはいえ中国の安い価格帯のスマートフォンに対抗するためには、やはりRetinaの採用が必須と言えます。

ディスプレイサイズはiPhone4Sと同じ3.5インチか、あるいはもっと小さくなる可能性はあるものの、miniと銘打っているからにはおそらく、至上最も軽く、最も薄いiPhoneになると思われます。

仮にこれが実現すれば先進国でも、スマホに高機能を求めない層、もしくは小型であることを重視する層には売り上げが見込めます。


一方でiPhone5が減産されているとの情報がありますが、それはiPhone5の売り上げが見込めないわけでも、iPhone5Sの影響でもなく、実はこのiPhone miniを本格生産するための布石である可能性もあります。

それは、豊富な人口を誇るBRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)をはじめとした新興国での売り上げ増が見込めるからであり、現実問題としてiPhone miniの発売の可能性は高いでしょう。

しかし、これにより(海外では)高級路線だったアップルのブランド力低下も懸念されています。未だ快進撃を続けるAndroidに加え、TizenやFireFOX OSも登場しようとしている中、アップルは戦略のターニングポイントに差し掛かっています。

さて、どうなるか。







スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mikubeji.blog63.fc2.com/tb.php/155-c0f42566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。