FC2ブログ
気まぐれ iPhone FAN Blog
勝手気ままにiPhoneアプリや周辺機器の紹介、iPhoneに関するNEWSなどを滅多斬る非公式ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【独り言】次期iPhoneスペックを勝手に予測
ここ最近、新型iPhoneの情報が飛び交い、もはやどの情報が本物かわけが分からなくなっています。

毎年サプライズで新機種を発表するアップルのことですから、フェイク情報もあるのかもしれませんが、mikubejiはもちろん、巷でも新型iPhoneの話で盛り上がっているようなので、ここはあらゆる情報(情報の信憑性は無視して)を元にしてmikubejiの願望も交えつつ、新型iPhoneのスペックを勝手に予想したいと思います。

まず、現在ウワサされているのはデュアルコアやNFCを搭載したiPhone5、従来のiPhoneの1/3サイズとも半分サイズとも言われているiPhone nano、そしてスライド・キーボード内蔵のiPhone proです。

この情報を元に、今後のアップルの商品展開をたいした知識もなく、勝手に予測しようと思います。



今後アップルは2機種体制でiPhoneを展開するものと思われます。

まずは正当なiPhone4の後継機種、iPhone5です。
A5デュアルコア、NFC、完全なマルチタスク、フルHD画質の8メガピクセルカメラ、アクセスポイント、解像度向上、新型バッテリーによるバッテリー容量増加、3.8インチディスプレイへの大型化、iPhone4で問題となっていたアンテナ問題の改善、GSMとCDMA2000両規格への対応、内蔵メモリーはiPod Touchと同様に16GB、32GB、64GBの3タイプをラインナップしていますが、MobileMeをクラウド化させて無料とすることにより実質容量を増加させています。

極めつけはスライド式キーボードの内蔵で、アップル独自のキーボード配列になっています。これによりビジネスユーザーの取り込みと、独自配列によってタッチ操作では限界のあったゲーム操作の表現の多様化を実現しています。キーボード部を含めた本体重量や厚みはiPhone4とほぼ同じなので、ライトユーザーからヘビーユーザーまであらゆるニーズに対応しています。


そして、もう1つのアップルのiPhone戦略がiPhone5の廉価版としての位置付けを持つ小型のiPhone4Sです(SはSmallの意味)。これはiPhone4のほぼ半分の大きさながら、ディスプレイはiPhone4と同じく3.5インチの据え置きで、Retinaディスプレイも採用しています。内蔵メモリーは8GBタイプのみですが、先に紹介したMobileMeのクラウド化によって少ない容量を補填する。インカメラやLEDライトの排除や、内蔵メモリーを従来のiPhoneよりもダウングレードさせていますが、それらスペックダウンや徹底したコスト管理により、iPhone4からそれほど性能を落とすことなく価格を200$に抑えることが可能になっています。

iPhone5がiPhone4から引き続きmicroSIMを採用しているのに対して、iPhone4Sは新開発のユニバーサルSIMに対応しているので、GSM規格であればどのキャリアでも使用が可能。そのため、iPhone4Sは今までキャリアを固定していてiPhoneに乗り換えなかったユーザーの獲得や、価格の安さを強みに新興国への普及を目的としているようです。

iPhone5が今までのiPhoneユーザーの要求を満たす最新鋭スマートフォンである反面、iPhone4SはiOSのシェア拡大を目的としたものであり、この2機種を投入することによって成長著しいAndroid市場へ対抗する目論見のようです。


※改めて、上記内容はmikubejiの勝手な個人的予測なので、間違っても鵜呑みにしないようにご注意下さい。(笑)



スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mikubeji.blog63.fc2.com/tb.php/45-517ed1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。